両親とも高血圧なので食生活に気をつけはじめました

何年ぶりかに市が行なっている健康診断を受けました。
コレステロールはとりあえず基準値内におさまっていましたが、血圧の上の数値が140近くあって注意しなければいけない状態だということがわかりました。

 

私の両親とも高血圧でずっと薬を飲んでいたので気をつけなければいけないとは思っていたのですが、今までの健康診断では正常だったので油断していました。
高血圧は遺伝しやすいと聞くので、年をとってくるとやはり血圧がたかくなってくるのかもしれません。

 

あと更年期にはいっていることも血圧が高くなったのと関連がありそうです。
女性ホルモンが減ると内臓のまわりに脂肪がつきやすくなって血管が硬くなる原因になるので、気をつけなければいけないとは聞いていました。

 

そのほかにも骨密度が減るので骨粗しょう症になりやすいとか様々な症状があらわれてくるそうです。
なんだか更年期に入ると急に老化がすすむような気がしてとても嫌だったのですが、若いときのように過ごすのは良くないと思い生活を改めることにしました。

 

両親共に高血圧ということはきっと塩や醤油を使った味付けになれすぎているのだと思い、煮物などを作るときも減塩醤油を使ったり食卓に置く醤油もスプレー式のものに変えました。
これだと醤油の量が全然違ってきます。それとりんごやきゅうりなどカリウムの入っているものを良く食べていますね。

 

あとは更年期のせいもあるのか何かとイライラしがちだったので、いろいろなことに完璧を求めず目をつぶるようにしています。
リラックス出来るようにアロマオイルをたいたり、散歩をしたりするようにしています。