減量は失敗。でも血圧のための腹八分を実行

医師に「血圧のために痩せましょう」と言われて、色々取り組みましたが、運動嫌いなので何をやっても続きません。
なにしろズボラ主婦ですから、面倒くさいのはいやです。
サプリメントなどで痩せるのは、お金も掛かりますし、スタイル保持のための減量ではないのですから、気乗りしません。

 

知人から『腹八分』が良いとは聞いていましたが、生来の「食いしんぼう」なので、なかなか「腹八分」は難しい。お腹一杯に食べてしまうのです。
夕食時は、娘から「また、作りすぎ」と言われてしまうくらいに、沢山並べないと気がすみません。

 

そして、薬局で降圧剤の薬を処方してもらっている間に見つけたのが「腹八分減塩で血圧を下げる方法」の小冊子です。
ある機関からの無料配布で、申し込むと「2ヶ月間の書き込み用の冊子」と、いくつかの血圧を下げる方法を書いた本が贈られてきました。
「外食が多い人、味噌汁の味が濃い人」などのいくつかの項目の中で、「腹八分の食事で減塩効果を狙って血圧を下げる」方法をやることにしました。
腹八分で痩せる、減塩で血圧も下げる、一石二鳥の方法だと感じたからです。

 

毎日、血圧を測定し、腹八分が成功したかどうか、を○×で記入しての2ヶ月間。
1口30回咀嚼、なるべく歯ごたえのある食材、根菜などの野菜を多く、というのを2ヶ月続けて1.5キロちょっとは痩せました。
血圧は少し下がっていましたから、そのままずっと続けていれば成功だったでしょう。
ただ、終了したのが年末で、美味しいものを沢山食べる時期にあたったのが不幸でしたね。
腹八分は難しくなり、今はなんとか噛むことは続けていますが、血圧は落ち着いていても、徐々に太ってきています。